スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙な時間に目が覚めたときの不安感は異常。

2012.11.14.07:06

困ったときのウィキペディア先生に「ニート」について訊いてみました。

先生は言いました、「Not in Education, Employment or Training, 」と。

定義については国で違ったり国内でも時代で変わっていったりいろいろあるみたいですが、現在の解釈としては
“15〜34歳の年齢層の非労働力人口の中から学生と専業主婦を除き、求職活動に至っていない者(家事手伝いは含まない)”
ということらしいです。
しかし、
“常用雇用(定義では正社員や派遣労働者)での就労を希望する無業者であれば、具体的な求職活動に至っていない場合でも「ニート」には分類しない”
さらには、
“アルバイトやパートでの雇用形態で就労を希望する無業者のうち、求職活動に至っていない者であれば「ニート」、これらの雇用形態での就労を希望して具体的な求職活動に至っている者であれば「フリーター」に分類している”
のだそうで、「ニート」認定されるためには様々な条件をクリアする必要があるようです。
年齢と、働く意思もしくは希望する雇用形態が正社かどうか、というところがポイントなのですね。
ウィキペディア先生もおっしゃってるようにもはや「ニート」はスラング化して、ただの蔑称として使われている気がするので、こんな言葉や分類は無意味なのではと思ってしまいます。
35歳になって「ニート」から「無職」になった、なんて区別に何の意味があるんでしょうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へにほんブログ村
↑ちょっとかわいくしてみました

確認のために調べたのですが、大体認識は合ってましたね。
私は今回までにも何度か無職期間は経験したことがあるんですが、今まで自分をなかなかニート判定できませんでした。
常に求職中で面接も次々受けていたし、フリーター期間も社会人用の週末学校みたいなところに通ってましたから。
そんなことしてたせいで貯金が無いわけですが。
就職活動をやめている今だって、仕事をしたい気持ちはあります。
ただ絶対正社員希望かというとそうでもないです。
むしろ雇用形態なんてどうでもいいです。
余談ですが、ブログでもツイッターでも、世の中の「仕事」にまつわる意見っていうのはとかく厳しくて勢いがあって見るものを萎縮させるくらい強い論調だったりして、おれなんてもうだめだおー^P^ってなりがちだと思うんですが、そういうこと言う人はほとんどの場合「都会の」「第一線で」活躍してる人ですよね。
しかも社長だったりして。
そういう人たちの言うことを鵜呑みにしちゃって必要以上にピリピリしたりへこんだり、世の中ってものはしてるんじゃないかと思うことがあります。
30歳過ぎたらこの世の終わりみたいな考えも、そういうところから来てる気がします。
都外の第二線以下で働いて生きていきたいだけなら、30歳過ぎただけでこの世は終わらないです。
なんか話飛びましたが、つまり紆余曲折の末私は現在ニートです。
無職になってからも派遣会社からちょっと呼ばれて2〜3日だけ働くとか中途半端なこともしていたので、なかなか自分がニートだということに気がつかなかったんですよね。
ニートになってからは、昼夜逆転したり一日ゴロゴロしたりもう死のう……っておもむろに首吊りwiki見たり、まあ一通りのことはやりました。
数行上で「この世は終わらないです(キリッ」とか書いてるけど、おれはもうだめだおー^P^終わりだおー^P^っていう気がすることは何度もあったしこれからもあるだろうし、一度その状態になると理屈じゃなく「もうだめだ」ってなりますよねー。

ウィキペディア先生はご親切にもニートについての著名人による批判的な意見もまとめてくださっています。
まあこんなところでしょうね。
報道のやらせ疑惑にもふれていますが、「働いたら負けだと思っている」とか「誰にも迷惑かけてないから問題無い」とか公言する人って実在するんですかね?
私は、親には申し訳なく思っているし、身近な親戚にも友達にも今の状況を知られるのは恥ずかしいし情けないと思っています。
自分に対するがっかり感と憤りもあります。
でも「町内の誰それさん」とか「ハロワの職員さん」とか「スーパーの店員さん」とか「会ったこともない世間一般のみなさん」とかとかとかに対してうしろめたく思ったり恥ずかしがったりする必要は全然無いと思っています。
ちなみに私はナマポ受給者ではありませんが、現行の制度を利用しているにすぎない受給者を悪いとは全く思いません。
制度に文句があるなら受給者じゃなく政策を批判するべきだし、そんなに羨ましいなら自分も無職になって受給申請すればいいと思います。
私は結果オーライだと思っているんです。
オーライな結果とは、自殺も餓死もせずに(できればそれなりに幸せに)生きのびることです。
その結果のための道程で、自分を追い込むのが合う人はそうすればいいし、休むことが必要な人は休めばいいし、職業訓練が必要な人は受ければいいし、生活保護が必要な人は申請すればいいと思います。
結果を求めるために必要なことを選んですればいいと思います。
ナマポ死ね、ニート死ね、って言ってる人たちなんて、件のニート日記ブロガーさんが自殺したって(正確には生死不明ですが)喜びさえしないじゃないですか。
自分自身のことについて言えば、まあ……「ニートになる」っていう選択はできればしたくなかったですけどね……。
お か あ さ ん ご め ん な さ い 。







関連記事

comment

Secret

プロフィール

とかげ

Author:とかげ
ネットでできる仕事について調べていると「50万稼げます!」的なブログがヒットすることが多いですが、商才もハングリー精神も普通〜な人間が普通にできる範囲で無理なくやってみて実際どのくらい稼げるのかを普通〜に書いていきます。
ポイントサイトやSOHOサイトで地道に1円ずつ稼いでいます。

おすすめサイト
ポイントサイト モッピー!お金がたまるポイントサイト

アンケートサイト アンケートモニター登録

アフィリエイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。